湯治ウイーク|TOJI WEEK 2019

主催:宮城県商工会連合会、玉造商工会
共催:TOJI JAPAN実行委員会
協力:復興大学+東北工業大学この地に技あり!プロジェクト(JST-RISTEX多世代共創領域 2016-2019)、株式会社田中酒造店、ゆとくらしNARUKO
後援:宮城県ホテル旅館生活衛生同業組合、鳴子温泉郷観光協会、東鳴子温泉観光協会、川渡温泉観光協会、東鳴子親交会、東鳴子温泉旅館組合

令和元年度 地域課題解決型ビジネス支援事業

湯治はバカンスだ!

フランス革命以降、貴族やブルジョアを中心に行われるようになったと言われる長期休暇、バカンス。フランスの国民は現代でも数週間から2か月くらいはこのバカンスをとり、たっぷり人生を楽しんでいます。忙しい日本人には夢のような話ですね。でも、日本にもフランス革命のはるか前から「湯治」というバカンスがあったのです。自然に寄り添い、自然から糧を得て生きていた日本人が、自然の恵みである温泉でゆっくり癒される。そんな豊かでおおらかな時間を過ごしていました。しかし、そうした日本で受け継がれてきた湯治文化も、今や消滅寸前の危機。でもここ鳴子温泉郷にはまだまだ湯治文化が残されています。このたび、1200年の湯歴を持つ鳴子温泉郷で、大崎耕土・世界農業遺産の食や地酒、沿岸部からの産物を味わいながら、健康、自然、趣味、仕事といった4つの分野で現代版湯治をゆったり楽しめる1週間をご提案いたします。湯治を知っている人にも知らない人にも、そのすばらしさを伝えようという初めての企画「湯治ウイーク」です。この機会に、忙しい日常からひととき逃れ、自分の新しいバカンスをお過ごしください。なお、「湯治ウイーク」に合わせて、東鳴子温泉と川渡温泉の宿ではお得な滞在プランをご用意しております。あわせてご利用ください。

 

[全体に関するお問い合わせ]
TOJI JAPAN実行委員会事務局(旅館大沼内)
〒989-6811 宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34
TEL  0229-83-3052 FAX  0229-83-3927
Mail  tojiweek2019[@]gmail.com
※メールを送る場合は[ ]を取って送信してください。